メテオフォール型開発

今日は、日本の代表的なソフトウェア開発手法について紹介しよう。

その名も、メテオフォール型開発である*1

 

第一節

通常のウォーターフォール型開発におけるプロジェクトはこのような形を取るが、

f:id:eiki_okuma:20180510174947j:plain

 

メテオフォール型開発ではこのような形が取られる。
f:id:eiki_okuma:20180510175057j:plain

 

そしてこうなる。
f:id:eiki_okuma:20180525121815j:plain

 

 

これはアジャイル開発手法におけるサイクルであるが、
f:id:eiki_okuma:20180510180549j:plain

 

神の前では無力である。
f:id:eiki_okuma:20180521164112j:plain

 

 

神の一声は全てを崩壊させ、

f:id:eiki_okuma:20180521165302j:plain

民は一生懸命これを再建す。

f:id:eiki_okuma:20180529225612j:plain

これが、メテオフォール型開発(≒メテオ駆動型開発)である。

 

 

第二節

全てのスケジュールは天界の都合によって決まる。これを黙示録と呼ぶ。
f:id:eiki_okuma:20180521192852j:plain

 

 

ソフトウェア開発においてフィードバックは重要なファクターだが、

f:id:eiki_okuma:20180521233156j:plain

神にフィードバックは届かない
f:id:eiki_okuma:20180521233433j:plain

 

ただし、祈りを捧げることはできる。この祈りはごくまれに届く
f:id:eiki_okuma:20180524215004j:plain

 

 

神は様々な姿を取る。
外から現れることもあれば、
f:id:eiki_okuma:20180525122510p:plain

内に棲んでいることもある。

f:id:eiki_okuma:20180525122514p:plainf:id:eiki_okuma:20180525122521p:plain

あるいは、まだ会っていない or 会うことすらできない誰かかもしれない。*2
f:id:eiki_okuma:20180530181807j:plain

 

 

ソフトウェア開発の効率性を劇的に向上させるシルバーバレットは存在しないが、
その逆は存在する。ラーマヤーナではインドラの矢とも伝えているがね。

f:id:eiki_okuma:20180525122856j:plain

 

 

第三節

それでも、神が一人で秩序を築いている分にはまだマシである

問題は、神が二人以上いるケースだ。
この神々はしばしば反対の啓示を下し、しばしば喧嘩する。

f:id:eiki_okuma:20180525115016j:plain
これを我々は神々の黄昏《ラグナロクと呼ぶ。
そしていつだって被害を受けるのは我々「民」である

 

 

また、元々一人の神が秩序を築いていたところに、新たな神が現れ、
古い神ごと全てを吹き飛ばそうとすることがある。

f:id:eiki_okuma:20180525115231j:plain
これを我々は聖戦《ジハード》と呼ぶ。*3

 

 

神によっては、絶対的な力を持つことには変わりないまま、
その存在が極めて稀な神もいる。

f:id:eiki_okuma:20180525120109j:plain
求めても捜しても見つからない場合は、恐らく邪神である。*4

 

 

そして我々が汗水垂らして作り上げた献上物は、
我々の知らない場所で華々しく発表される。

f:id:eiki_okuma:20180525123200j:plain
そしてしばしば、ここで新たな仕様が産まれる。

 

 

まとめ

今回は、日本のソフトウェア開発の現場でしばしば自然的、もとい災厄的に発生するメテオフォール型開発について紹介した。

ちなみに、これに抗う術は存在しない。
あなた、いや我々が、一日も早くこれに順応することを願う。

 

この記事はフィクションです。実際の人物・団体とは一切関係なくあってくれ。

 

 

アルマゲドン (字幕版)
 
闘うプログラマー[新装版]

闘うプログラマー[新装版]

 
MOLDEX メテオ (モルデックス メテオ 8ペア)

MOLDEX メテオ (モルデックス メテオ 8ペア)

 

↑この耳栓すごくオススメ。

 

 

*1:命名、へっぽこ氏(@heppoko

*2:このパターンがもっとも凶悪である。

*3:リリース予定が一年単位で遅れるソフトウェアの内部では、往々にして発生している。

*4:マタイ7章7~12節より、『求めよ、そうすれば与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見出すであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。すべて求める者は得、捜す者は見出し、門をたたく者はあけてもらえるからである。』